秋雨には注意。

 みなさんこんにちは。頭痛治療家の片柳亮輔です。

 

これから秋の長雨シーズン。

頭痛患者さんにとっては本当に苦しい季節ですよね。

 

けどなんで雨で頭痛になるの?って思う方も多いと思います。

ということで本日はそんな「雨と頭痛の関係」

についてご紹介。

 

 まず、低気圧は周囲との気圧差により中心に向かって空気が集まり上昇気流が発生します。

 

上昇気流が発生すると、雲ができ、雨が降りやすくなります。

低気圧になる=中心に流れ込む風は強くなります。

このため、上昇気流も強くなって大規模な雨雲ができます。

 

つまり、雨が降っているということは低気圧になり、気圧が下がっているということになります。低気圧で頭痛が発生する際のメカニズムは以下の通りです。

  1. 周りの気圧が低くなる
  2. 血管が拡張する
  3. 血管の血流が急激に変化し、痛み(頭痛)が発生

片頭痛を起こす人の脳や血管・神経は普通の人より敏感で、気圧が下がることで血管が拡張し、これが頭痛の引き金になっています。

 

低気圧により血管が拡張する理由

例えば、標高の高い(=気圧が低い)山の上ではスナック菓子の袋がパンパンに膨らむのはご存知でしょうか?

 

袋の中の気圧は一定なのですが、高い山に登ると、外の気圧のほうが低くなるので、袋の中の気圧のほうが高くなり、結果として袋が膨らみます。

 

簡単に言うと、それと同じ現象が人間の血管にも起きています。

 

低気圧から頭痛が発生していますが、実際は

 

低気圧(脳の)血管が異常頭痛になった

 

というのが雨で頭痛になる原因なんです。

 

なかなか防ぎきれない原因の一つでもあります。だからこそ根本原因を治すしかないんですよね。

 

そんな原因を1秒でも早く治したい方は!

「やなぎ整体院」までお問い合わせください。

 

 

高校球児時代はなぜか雨の日が待ち遠しかった頭痛治療家 片柳亮輔