腹部偏頭痛ってなに?

みなさまこんにちは。品川の頭痛治療家の片柳亮輔です。

 

節分ですね!恵方巻きは今年は南南東を向いて食べてくださいね。

ということで今日は最近当院でも多くなっているお子さんの頭痛についてご紹介します。

緊張型頭痛・偏頭痛と2種類あるのですが、偏頭痛の中には頭痛ではなく、腹痛として偏頭痛があるんです。

 

拍動性の片側性頭痛で嘔吐をしたりする頭痛は偏頭痛といい、日本人の840万人が罹患しているといわれています。

偏頭痛はタンパクが過剰に産生されて、ほぼ同時に脳の血管が拡張することで出現すると言われています。

 

そのような片頭痛は子供にも起こるのですが、子供のは大人と異なり、発作の持続時間が比較的短く、数時間で治まってしまうことが特徴です。そして、痛みの拍動性がはっきりせず、嘔吐や下痢だけあるいは、腹痛だけで頭痛が起こらないことも実はあります。

そして、子供の偏頭痛で頭痛がある場合はかなり効率で嘔気や嘔吐など腹部症状を伴っています。

ですので、子どもさんの腹痛の原因として偏頭痛の周辺症状に分類されている腹部偏頭痛というのがあります。比較的多い症状ですが、子どもは症状を適切に訴えることができないこと、頭痛専門医が診察するまでにいたらないことで診断がつかないことも多くあるそうです。

 

腹部偏頭痛はどんな症状?光や音に過敏になる特徴

腹部症状のみで頭痛を伴わない腹部偏頭痛は、お子さんに多くみられます。この痛みは強く、腹痛とともに食欲不振や悪心・嘔吐、顔面蒼白をともなうことが多いです。

胃腸炎などの消化器の病気と異なるのは、腹痛時に音や光に過敏になることです。子どもの場合、大人のように自分の症状を表現できにくいので、まぶしい光を嫌がったり、音に敏感に振る舞ったりしていないかを見ることが大切です。原因は大人の偏頭痛と同じく、タンパクが産生され、腹部の血管が拡張する機序によると考えられています。

 

腹部偏頭痛を予防する方法。

色々ありますがまずは生活習慣がとても大切です。寝過ぎや寝不足にならないこと、テレビやゲームで夜更かしをしないことなど注意が必要です。

三度のお食事も大切で、特に朝ごはんを食べないと低血糖刺激が血管拡張刺激になり腹部片頭痛をきたします。

 

というように偏頭痛は、頭だけではなく、お腹だけの症状があるということもお父さんお母さんは知っておいて欲しいと思います。

この子は偏頭痛なのかどうか。最近体調はよくなくて心配という親御さんがいましたら、品川の頭痛専門やなぎ整体院までお越しください。

 

 

朝のトーストがハムチーズだとなんとなく嬉しい品川の頭痛治療家 片柳亮輔